一つの壁

今日も1日、語学学校でした。
先週よりクラスが一つ上がり、クラスメイトもちょっと変わりました。
ほとんどクラスメイトは一緒ですが、僕のレベルにいきなり入ってくる新人の人たちは
基本的に何でも話せます。皆、流暢な英語を披露します。
日常生活なら問題ない、もちろん街中に出ても。
足りないのはGrammar、いわゆる文法やListeningの能力。
コミュニケーションという部分では事足りてる人が9割5分。
そんなクラスで仲良くやってます♪
ただ、ここ最近一つの壁を感じてきました。
普通にコミュニケーションを取るのには不自由は感じてません。、
日常会話では、正直テキト~なこと言ってても、相手が理解してくれるし、
簡単な文章で伝わりますから。
でも、自分のpersonal experience、つまり自分の経歴や今までしてきたこと、
人が抱えている深い部分、思いなどの部分を出すことが多くなってきました。
自分が大学でトレーナーをしていて、なんでアメリカに来て、なんでロルフィングと
いうものを見つけ勉強する形になったのか。
そういった会話を最近する機会があり、特に先生とはよくします。
こういった話を語学学校の友達とも出来たらもっと仲良くなれるだろうし、
もっと打ち解けた関係を作ることができると思います。
その為の語学力、会話力がまだありません。
それを裏付けた出来事が今日ありました。
授業の中で、自分の経歴を3~5分スピーチするという課題です。
僕は、アメリカに来た思い、ロルフィングのことや今後のことも含めた
将来の自分のことを話しました。
でも、なかなか言葉が出てこない。
単語を並べただけの部分も出てしまった。反省。。。。。。。
日本語ですら伝えにくいニュアンスがある中で、
英語で言うのはもっと大変でした、というか出来なかった。
自分が伝えたいことの3分の1も言えなかった。
かなり悔しい思いをした瞬間でもありました。
正直、他の教科で点数がとれなかったり意味が分かんない単語があっても、
どこかで取り返せる部分がありますが、
話している中で伝えきれずにどこかで誤解されてしまうのは本当に耐えられない。
本当はそうじゃないのに、英語力のせいでわかってもらえない。
それが、本当に感じられた1日でした。
授業が終わった後も何かモヤモヤしていて、今ブログ書いてます。
与えられたことだけやってても、周りには追いつけないし、
周りはそういった会話力がある友達ばっか。
伝えたいかどうかは別にして、すでにそれだけの能力を持っています。
他のみんなが3年だろうが5年だろうがアメリカに住んでいるとか関係ない。
自分が1ヶ月しかいないから、とか言い訳はしたくない。
特に話す部分においては。
このブログで書いている内容くらいのものを
1日でも早く英語で伝えられるように、日々チャレンジです。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>