ロルフィングの創始者

急に最近は寒くなりました。
台風が来ていた影響はもちろんあるでしょうが、
こうも天候がころころ変わると体調管理も大変です。
みなさまも気をつけてくださいね。
さて、最近はロルフィングの創始者の
アイダ・ロルフのことを改めて調べています。
セミナーで使うものとしていろんな資料を読んでいるのですが、
これがまた結構面白いです。
自分としては結構知っているつもりだったけれども
実は知らなかったことがあったり、
またボルダーにいた当時に現地のロルファーに
教えてもらったアイダの裏話や逸話などをいろいろ思い出したりと、
なんだか感じることがたくさん出てきます。
元々は生化学者という研究者という立場から
人に施術をする実践者の立ち位置に変わっていったアイダ。
人のからだを追求する中でいろんな考え方(ホメオパシー、
カイロプラクティック、オステオパシー、ヨガ、アレクサンダー)
といった代替医療にふれ、自分なりの施術を積み重ねていった過程は
本当に素敵で尊敬に値しますし、何よりもその考えが今も日本中や
世界中に広がっていること素晴らしいことだと思います。
日本全国には、認定ロルファーは約110名いて、
世界では約2000名います。
アイダは当時、アメリカの全ての州に一人はロルファーが
いてくれるようにと願っていたみたいですが、
日本でも全ての県にロルファーがいるようになると良いなぁ、
と個人的には思いますね。
ロルフィングの認定を受けるには決められたカリキュラムを
修了しなければならず、そしてその内容は基本的には口伝なので
認定者が爆発的に増えることはありません。
インターネットで学べたり、教科書を読んでいればOK、
というワケではないのです。
むしろ、アイダが教えていた当時は弟子に取る人、つまり
ロルフィングを学ぶためにはアイダによる面接があったとも聞いています。
かつそれは一目見て、YES/NOを判断されるものだったようです。
それが人間性なのか、眼の輝きなのか、態度なのか真相は分かりませんが、
技術やテクニックではない「何か」をアイダは見ていたのでしょう。
アイダの深い考えを見つめていく日々は
まだまだ終わることがなさそうです。
来週末に行なわれるセミナーでは、
その中でぼくが感じたことも少しずつ
話していけたらいいな、と思っています

$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
【ロルフィング®DAY~日本ロルフィング協会主催イベント~】
10月26日(土)11:00~19:00@代々木八幡(東京)
$東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
詳細・申込はこちらから
http://rolfing.or.jp/index.shtml
Facebookページでも詳細を更新しています
https://www.facebook.com/rolfingworkshop

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>