バランス良い身体ってそもそも何だろう

この前のセッションで改めて感じたことをちょっと書こうと思います。
10シリーズをしているとき、同じ箇所を左右それぞれワークするケースがあるんですが、同じ圧を掛けていても片方だけ猛烈に痛い、なんてことがよくあります。
痛みがあるから悪い、悪くない、ということではないのですが、少なくともそれが何かのサインである可能性が高いです。
その左右のバランスが取れていないことが他の箇所にもどう影響しているのか、ということも考えなくてはいけません。
そして、そのバランスが取れていない状態を、左右での差、上半身と下半身のバランス、そして身体の外側と内側のバランス、という3つの側面からロルフィングでは考えていきます。
まず、左右での差。
これは先ほども言ったように左右での張りの違いだったり、ボディラインの違いだったり、同じ部位が左右で高さが違っていたり。
割と分かりやすいものですよね。
次に、上半身と下半身のバランス。
これは例えば下半身のがっしり感と上半身のふにゃっとした感じが混在している人のことを指します。
これも、もちろん悪いとかどうではないんですが、上半身と下半身をつないでいる腰やお腹周りに何かしらの負担が掛かっていることも少なくないです。
最後に、外側と内側のバランス。
それぞれ内側と外側にある筋肉のバランスが適切でなく、外側の筋肉ばかり使われる傾向があってそれが積み重なり筋肉が大きく発達している、など。
発達していることは良いのですが、その筋肉が年齢とともに衰えてくるとその内側に通常以上の負荷が急に掛かり、怪我の可能性を高める、など。
いろいろな影響が出てくることを考えなくてはいけません。
一言にバランス良く、という言葉が良く聞かれていると思います。
ですが、どの観点から、何をもってバランスが崩れているのか考えなくてはいけません。
そしてそのバランスが保たれていないことによってどんな影響が出ているのか、そういうところまで突き詰めて考える必要があると思います。
僕もセッションをしていく中でワークすると同時に身体の情報を集め、なぜこういう状況になっているのか、ということを考えることは常に意識しています。
そして、それぞれどのように対応していけばいいか、沢山の情報を整理しながらセッションにイカしています。
身体のことを考える中で大事なポイントである、上記3つの要素。
人の身体を見る時、そして自分の身体を考える時、そういった視点があるとまた変わってくるのかもしれませんね。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>