ネイティブの英語

今日からCU Boulderでの語学学校が始まりました。
発表されたクラスが自分の希望よりちょっと低いところに
配属されてしまったので、今週様子を見てまだいけそうだったら
上のクラスに変更してもらおうかな、と検討中。
というのも、自分にとってちょうどいい位のクラスよりは
ついていくのが大変……というくらいの方が
ゼッタイ英語は伸びるし成長できるって経験しているからかな。
ロルフィングのクラスではほぼ全員がアメリカ人で
みなネイティブでした。
話し方の速さ、テンポ、語彙力、などなど、どれをとっても
語学学校の学生とは比になりません。
確かに最初はついていくのが大変だったけど
中盤くらいからは自分からいろいろ話しかけたり
皆のテンポについていく事も徐々に出来るようになっていたので、
いま、こうして語学学校に戻っているのは何だか不思議な気分。
しかも、普通にこなせてしまうくらいだったら、
きっとダラダラした時間を過ごしてしまうに違いない、
と容易に想像することができちゃうんですよね。
それは僕の求めている事じゃないし。
今夜、語学学校で知り合った友人に早速夕食に誘われたので
行って来たんですが、やはりアメリカ人と比べてしまうと物足りない。
比べていいというものでもないと思うんですけどね。
そしてもちろん、いいやつらなのでこれからも一緒に遊んだりすると思いますが、
自分が満足できるような成長をできる環境、周りの人間関係を作っていくのも
今後したいことに入ってくるのかな。
やっぱり、英語っていうのに自分がとっても興味があるんだろうね。
帰りのバスでいきなりアメリカ人に話しかけられて、
いろいろとバスについてのこととかめっちゃ外が寒すぎることとかの
どうでもいい雑談をしている時こそ、
あぁ、いまいい感じで話せたな、
って感じられる一番のときです。
もっとアメリカ人の友人を増やしたいね。
そして、向こうのテンポに負けないように自分に話せるように、
語学学校で文法やら発音やらを矯正して、
素敵な英語を話せるようになりたいですね。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>