シンプルに考える

最近、自分のホームページを改めて作り直しています。
去年、Macに付属してあるソフトで一回作ったことがあったんですが、
夏にロルフィングの課程を修了したので新しく一から文章も書き換えています。
その中で、結局ロルフィングって何を僕に与えてくれたんだろう?
という至極当たり前な、でも簡単で難しい問いに向き合っています。
言葉一つでは書き表せないほどに学んだことが多くありましたし、
うまく言えないようなことも経験してきてそれも全て含めて学びだった気がします。
ただ、それはロルフィングを提供する、という施術者になるための課程で
学んだことでもある気がします。
その課程に行き着いたのもロルフィングが導いてくれた、
というのは間違いないのですが、単純に、シンプルに、クライアントとしてだけの
立場からだと自分は一体何を得たのか?ということを考えてみました。
大学生の頃に大阪のヒロさんからロルフィングのセッションを受け始めて
日々感じていたのは、今まで感じたことのなかった身体の変化が常にあり、
その変化と新しい身体にワクワクしていたということ。
これが一番印象的に残っていて、そこから後の課程で内面部分、
精神的な変化や自己に対する新たな気づき、自分を解放することの大切さ、
などなどが生まれてきたように思います。
身体の変化が最初にあって、のちのちに内面、精神的な変化が追いついてきた、
といった感じでしょうか。
こうやって書いていくと、身体の変化を実際に体感して、
それはどうやって起きたんだろう?という疑問を解決する為に
ロルフィングを学びにアメリカに渡ったのかもしれません。
やっぱりこうして自分なりに表現していくことで
自分の昔の思い、経験を掘り返すことができるので
ブログを書くなり、人と話して自分が考えていることを
伝えるために頭を使うのは大事なプロセスなんですね。
最近はFacebookやTwitterといった便利なSNSで
いろいろと表現することができますが、
上記のSNSはぶつ切りで、その場で考え付いたことを書ける一方で、
ブログではこうやって文章に起こしてみると時系列や自分の思いの
優先順位などが整理されながら思考が進んでいくので
これはこれで良いですね。
もう一度、HPの文章を考え直してみるとします。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>