クリニック

昨日はクリニックでした。
このUnit1では基本的にはクラスメイトに
Skillful Touchをして経験を積んでいくんですが、
昨日と今日の二日間だけ、クリニックと称して外部から
クライアントを招いてSkillful Touchを体験してもらいます。
全く初対面だし、会う5分前にその人の既往歴が
載った書類に初めて目を通すので、
なかなかドタバタなクリニックでした。
始まる前に僕が多少心配していたことが、二つあります。
一つは女性のクライアント。
13名いるクラスメイトの内、女性は4名しかいなく、
ほとんどの方に1回しかSkillful touchをしてこなかったので
女性の身体に対するタッチがそこまで慣れていません。
胸の付近であったり、かなりデリケートな部分もするので、
今後やる意味でもちゃんとした対応の仕方を学んでおかないといけません。
もう一つは、怪我なり何かしら制限があるということ。
過去に古傷があったり、あまり触られたくない部分があったら
そこには触れないでいけばいいんですが、
もしかしたら本人が気づいてない、忘れている怪我があった部分でも
触っていたら何か拒絶反応が出る事もあります。
ちなみに、Unit1の二日目のskillful touchでリタイアしたときには、
そういった過去の怪我に基づく場所にアプローチして、
深く行き過ぎて耐え切れなくなり、バーンアウトしてしまいました。
そして、そのときも相手は女性でした。
まぁ、なるようになりますかね~って、
あんまり気負いすぎないで望んだ訳ですが。
やっぱり、上記みたいな事を考えてしまうと
そうなってしまうんですかね。
昨日のクライアントは、
女性、
古傷あり(背中の骨に沿って)
先週転んでできた新しい怪我あり(左足)、
そしてすでに歩き方がびっこ引いてる、
、、、、、、、
とまぁ、日常生活にもいろいろと既に影響出てる人でした。
あらあら…..と思って、いろいろ話を聞いていくんですが。
半分くらい何言ってるかわかんないw
言ってる内容はわかるんだけど、
専門用語とか怪我した時の状況をいろいろ説明してくれるから、
丁寧でいいんだけど、意味をつかめない事の方が多かったです。
ま、背中の古傷、転んで出来た左足のことだけは
気に留めておいてセッションしようと思ってました。
転んで出来た傷の辺りは触らないでほしい、
との要望があったので、そこももちろん押さえて。
ただ、なかなか厄介だったのが、
「傷がまだ痛いから足を伸ばせないんだけど、
セッション中は足曲げたままで良い??
だからうつぶせにもなれないんだけど…….
横向きも、痛い足が上なら良いけど、
長時間はたぶん無理だと思う。。。。」
とのことでした。
なるほど、ほとんど仰向けの状態でセッションせいってことね。笑
しょっぱなから試練です。
どうやって背中にアプローチしようか、、、、、、、
とか始まる前からいろいろ僕の頭はバタバタしており、
序盤はあまり集中してワークできてませんでした。
相手が女性であるので結構気を使っていた事、
そしてその傷に響かないようにゆっくりやること。
気にしすぎて、最初の10分くらいは
全く何も意味をなさないことをやっていたと思います。
ただ、もうこれは開き直りですかね。
当初はやるつもりなかったSource pointのスキャンを始めて、
やるべき部分に焦点を当てて、いつも通りにやっていこう、
って思い直したら、あとスムーズに行きました。
SKillful touchのクリニックだから、
本来ならスキャンはしたくなかったんですが、
全然流れに乗れてなかったし、
このまま不完全燃焼で終わるなら、もうやってしまえ!!
って感じで。もはや勢いです。
気になった部分2、3箇所を集中的にアプローチしていって、
押し方はどう?痛すぎる?もっと奥まで押していい??
なんて話を聞きながら、進めていくと。
股関節、大腿あたりをワークしているのに、
「背中が開けた感じがする」
とか、
「何か抜けたね」
とか、そこそこ反応が出てきたので、僕も一安心。
背中もワークしたかったんですが、
ちょっと今回は直接はあきらめて、
お尻の骨(仙骨)と頭の骨(頭骸骨)にそれぞれの手を
身体の下から入れて反応が出るのを待ちました。
しばらく待つ事5分。
顕著な反応は正直出てませんが、呼吸が多少深くなった、
身体全体での動きが出てきた感じがしたのでこれにて終了。
今回はこれが精一杯でした。
終わった後、どうだった??って聞いてみたら、
「すんごい良かったわよ~!
背中がなんかまっすぐになった感じがする。
集中的にやってもらった所もすごいゆるんで、
とっても歩きやすいわ!!」
とのことでした。
背中はほとんど触ってないのに、
変わった感覚になるのは何だか不思議ですね。
そして、左足の新しい傷には特に変化はなく、
まったくもってマイナスになったことはなかったようでした。
良かった良かった。
ちょっと立ち話をしていく中で、
良かったら今後も身体を見る事は可能ですので……
って軽く勧めてみたら快く応じてくれて、
僕の連絡先をお渡しできました。
こういうのはあわよくば、、、、って思っていたので。
相手の反応が思った以上に良かったんでしょうね。
今後、連絡がくるのを祈るばかりですw
てな感じで初日のクリニックは終了。
今日はこれからもう一日クリニックがあります。
どんなクライアントさんが来るんでしょ~か。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>