かじり脳科学

最近英語の勉強がはかどって
・・・・・おりません。
一時休憩、といったところかな。
先週までは調子良かったのに~
やるぞ!!って言っておきながら実は
あんまり取り組んでない自分に自己嫌悪・・・・
毎日、最低2,3時間は取り組んではいるんだが。
なかなかペースがあがんねぇ。
どうしたものか。
なんて言ってる暇あったらやれって話。
でも、何だかなぁって気分。
いきなりなんだこいつ??って書きながら
自分でも思ってしまうこのダークな文章。
でもね。
これが今の自分なんです。
まだ英語を勉強できるルーティーンが
生活の中に組み込まれていない感じ。
そんなに強くないんだな、やっぱ人間って。
いや、俺か。
ただ、
そんな毎日はだめだよ!
って言ってるもう一人の自分はいます。
心の中で話しかけているんですね。
以前だったらそんな客観的な自分はいなかったかな。
そういう意味では成長成長。
って低いレベルで感心してるのもなんですがね。
もうちょいで、行動している自分になっているかな。
なんかね、脳科学の研究をしている
苫米地さんの本を最近読んだんですが。
非常に面白いこと書いてあって。
過去の経験があって未来の自分は作られるんですって。
・・・当たり前すぎましたか?
でしょうね。
でも、いざ考えてみればそうだなって。
例えば、トラウマなんかがあると、
それに関する行動が出来なくなるとか。
世間でまた流行っているテリたまバーガーを昔食べたときに、
何でか分らんが吐いて以来、
マック+玉子の組み合わせは避けてきたわたし。
また、おいしいラーメン屋さんにはまた行きたくなりますよね。
そうやってお金がないのに外食を繰り返すわたし。
そんな感じで、積み重ねを繰り返し毎日は作られています。
ラーメンを食べたいからラーメンの情報に敏感になり、
世間で話題になっているラーメン屋に行きたくなる。
興味があって初めて引っかかるんですって。
確かに女性用品が特価で売ってる宣伝がネットであっても
見向きもしません。女性ではないし、関心がありませんから。
でも、行きたいラーメン屋の割引券が
街中で配られていたら迷わず受け取りますね。
ないかな。割引券。
つまり、昔の経験があって、それが頭の中にフィルターを作り出し、
それを基に未来の選択、決断を人間は繰り返しているらしいんです。
苫米地さんが言うには。
ということは、今のこの決断、選択も昔の経験が基になっている。
勉強しないのも過去にいい思い出がないから。
逆に、いい思い出があったら続けられるんだろう。
したい、って思うんだろうな。
しなきゃ、って思ってる時点では、
やっぱり吸収も効率よく行きません。
じゃ、したいって思うにはどうすればいいのか。
それには、それに取り組むことによって楽しいものが生まれる。
そのように脳が感じればいい。
じゃ、感じるには?
自分の脳に刷り込むんですね。
その方法は、人に話したり、ノートに書き込んだり、
心の中で思ったり。
ちなみに、これをセルフトークというみたいです。
人は一日5万回セルフトークを繰り返しているんですって~
自分は勉強がしたい。
勉強がしたい。
したい。
って、心の中では言うようにしてます。
正確に言ったら、英語を喋れるようになりたい、かな。
そうやって、自己の声を発信・伝達することによって
自分の意思を頭に刷り込んでいく。
その一環で僕はブログを書いてます。
だから、結構まじめなことが多いかな。
こうやって自分の考えを整理してるんですね。
面白い文章を書く人のブログは沢山ありますが、
僕はそうなれないと思う。
根が真面目であるのは、僕をご存知の方には分っていただけるだろうし、
それをごまかしてまでこの場を取り繕うのは僕のやりたいことではない。
ここで自分と向き合って、どうにかこうにか
前へ進んでいってるんだと思う。
ま、最近は毎日おんなじことの繰り返しだから
こんなことしか思いつかないんだけど。
でも、こうやって自分と向き合うのも
何だか楽しい。
悪くないもんです。
明日はどんな思いが浮かんでくるか楽しみです。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>