『感謝69@江ノ島』

先日の週末、江ノ島に行ってきました。
最近は出張セッションでも神奈川の海岸近くに行ったりと、
何かと海の方にご縁がありますね。
今回は「感謝69@江ノ島」というイベントに参加するため。
先日行った武田双雲さんのイベントで案内されてて、
そのときは詳細はよく分かっていませんでしたが、
なんだか心に残っていたんですね。
ただ、『感謝』という、普段何気なくしていて当たり前なことを
改めて考えてみるのも良い機会なんじゃないかな、とは思っていました。
日本に帰ってきて以来、いろんな人に出会い、ロルフィングの仕事を始め、
半年なりにいろんな経験をさせてもらいましたし。
せっかくの機会だから行けるかなぁ~、と思っていたら、
セッションやら私用やらいろんなスケジュールの都合が付いたので
短い時間でしたが思い切って行ってきました。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
左手に見えるのが江ノ島です。
江の電にもちゃんと乗ってきました。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
大勢の観光客。
そんな観光客を撮る僕も観光客。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
弁財天である江島神社にもお参り。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
上の方まで登ってみたら、まぁ良い景色。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
大勢の参加者が来ていて、夕暮れとともに会が始まりました。
トークライブの中でしゃべっているのが、武田双雲さん。
何年も前から構想していてみたいで、
世界中の争いも小さなケンカでも何でも、
感謝をしたら解決する、そして世界中がきっと良い方向に行くのではないか、
彼はずっとそう考えてきたそうです。
それをみんなに伝えるために、
みんなで感謝をする日を作ってしまおう!!という発想、
「6月9日を世界感謝の日にしよう」という思いをもって
イベントを作り上げたのだそうです。
本当にスゴいなぁ~、の一言ですね。
彼は、
「感謝をしない人間が成功しないワケがない。
不幸になるはずがないと思うんですよね。」
こんな話をしていました。
確かに、いつも「ありがとう」と周りに言っているイメージの人には
何だか幸せな印象が出てきますよね。
そして、そういった人は何か見返りを求めて言ってるワケではないと思うんです。
自然に、心の底から「ありがとう」と思っているから
そんな人の周りには自然と人が集まり、
仕事の話が来たり、ご縁が広がったりしていくんでしょうね。
「周りに感謝をすることはとても素敵なこと。
もらうことがありきではなく『ありがとう』という一言が
生まれることによって、また次の『ありがとう』が生まれるんです。
そんな人が世の中にいっぱいいたら、きっと幸せですよね。」
 
幸せの捉え方は人それぞれですけど、
こういった方々を見ていると
こっちの心の中も暖かくなります。
僕もいざ、家族や両親に「ありがとう」というのは
若干恥ずかしいですが、少しずつそういったことが言えるように、
少しずつ意識して周りに言い続けていこうと感じるようになりました。
何気なく言っている「ありがとう」という言葉に、
ちょっとした思いをのせていこうと思います。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
会の終盤には、『感謝』の文字のパフォーマンス。
書いているときはいろんな方向に筆が進んでいき、
何かロルフィングのセッションに通じるような
リズムというか、勢いというか、流れを肌で感じることができました。
いつか実際にお会いすることができたら、
書いているときの心境をぜひ聞いてみたいですね。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
会の最後には、感謝の思いが詰まったライトバルーンと、
特別にライトアップされた展望台が江ノ島の空に映し出されました。
東京・恵比寿のロルフィング® リリーフスペース
『ありがとう』
本当に良い時間でした。
ご縁があって参加することができたことに感謝です。
そして、最後まで読んで頂いたみなさま。
ありがとうございました。

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>