「考えるな、感じるんだ!」【体験談】

ブルースリーって、かなり素敵な名言を残していますよね。
今回は一つ、拝借しました。
さて。
ロルフィングで何ができるの?と聞かれる中で、
「身体への気づきが多くなりますよ」
とお伝えする事があります。
ただ、それは受ける前は実感がないため
なかなか伝わりにくいのですが、
実際に受けて頂いて変化を感じ、その後数日も効果をいろいろと
感じて頂ける方が多くいらっしゃいます。
今日は、その内の一つを紹介しますね。
$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

【男性 会社員 I・F様】
1. セッションを受けてみようと思った理由は何でしたか。
ロルフィング®に興味をもったためです。
(友人のHP紹介より)

2. 施術者(ロルファー)に対する印象を教えて下さい。

落ち着いていて、任せられる。
そのため、最中に寝てしまった。(リラックスできる)
3. 実際にセッションを受けてみていかがでしたか。
身体への変化やロルフィングへの印象など、
感想をご自由にお書き下さい。

セッション終了後から二日後まで、身体の変化を感じた。
今まで自分自身はわかっていなかったが、
どうやら体は右側に重心がよっているようである。
そのため、歩いているときに左足で地面を蹴るイメージが浮かんできた。

この感想文からわかることは、
いくら意識していなくても身体は変化を起こしていて
それらは効果として残ってくる、ということです。
本人、セッション中も寝ていましたし。笑
でも、寝ている中でも身体は正直に反応を起こしてくれているんですよね。
身体は僕たちが思っている以上に多くの情報を持っていますし、
新たに発見すること、知ることもたくさんあります。
そんなセッションの中で、様々なタッチを身体に施していくのですが、
強く圧を加えて身体に反応を出すときもあれば、
とても柔らかい、まるで触れているだけのようなときもあります。
それは手を抜いて休憩している訳ではなく(笑)、
組織の状態として強い圧を加えると逆におなか一杯になってしまう、
そんな感じがすると動きを導くような優しい関わり方になっていくんです。
そういったアプローチは、本人が意識していなくても刺激が適切であると
身体に反応が出てきて、それに適応しようと周辺の組織も働き出すのです。
そういったことが、今まで感じたことのないような変化を数日間も感じられる
一つの要因なのではないかな、と思っています。
感覚が敏感でない人も、少しずつ繰り返していけば
身体が慣れてきて新しい動きが馴染んでくる傾向が多いです。
自転車を乗り始めた当初はなかなか上手く乗りこなせませんが、
しばらくすると慣れてきて意識しなくても乗れるようになりますよね?
いちいち意識していなくても、身体は慣れようとしてきますよね?
それと一緒で、新しい感覚が引き出されてそれを馴染ませるように
身体は変化を繰り返していく、そんなことを可能にするのが
ロルフィングの一つの特徴なんだな、
とこの感想文を読みながら改めて思う事ができました。
あまりロルフィングのことを難しく考えるよりは、
リラックスして身体の思うがままにしてあげる、
感じていくことが結果的に良かったりするのかもしれません。
「考えるな、感じるんだ!」
まさにその通りですね。笑
I・F様、ありがとうございました。
体験談一覧はこちらです。

Rolfing Relief Space(ロルフィングリリーフスペース)
東京都港区白金台5-11-2 バルビゾン20 3F
恵比寿駅東口より徒歩10~15分

$東京・恵比寿のロルフィング®オフィス、リリーフスペース

◆ロルフィングとは
◆体験談
◆メニュー・料金案内
◆プロフィール
◆アクセス
◆お問い合わせ

伊藤 彰典
連絡先:090-1508-4012
メール:aki0120itoh@me.com
HP:http://www.reliefspace.com/

0 返信

返信を残す

ディスカッションに参加しますか?
どうぞご参加ください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>